落ちない腰肉の落とし方! 原因および撃退方法を解説

落ちにくい腰肉の落とし方について詳しく解説します。よく読んで腰の肉を撃退しましょう

*

腰肉を落とすコツ!大腰筋を鍛える

      2017/06/14

腰肉は最も落としにくい贅肉の一つです。しかしな
がら、腰肉を落とすと、メリットも大きいので良く
読んで実践してみてください。

 

 

腰肉を落とすと「くびれ」が出来てぽっこりお腹も
凹みます。更には猫背が治ってスタイルが抜群に良
く見えるという大きなメリット
があります。

 

 

実はこの腰肉を落とすコツは大腰筋という筋肉を鍛
えることにあるのです。今回は大腰筋を鍛えて腰肉を
落とす方法について詳しく解説します。
 

 

もともと人間の体の下腹部は筋肉の量が少ないとこ
ろです。おまけにスペースたくさんあり脂肪が、溜
まりやすいという特徴を持っています。
 

 

年をとって代謝が落ちたり、運動不足になったりする
と、元々筋肉が少ない場所なので、簡単に隙間が出来
て、そこに脂肪が溜まりやすくなるのです。
 

 

これがくびれが無くなり、腰肉がついてしまう理由な
のです。特に女性はこのパターンが顕著に現れやすい
ので細心の注意が必要です。
 

 

女性がこのパターンに陥りやすいのは、皮下脂肪を蓄
積しやすい体の構造をしているからです。これに対し
男性は内臓に脂肪が溜まるパターンが多いです。
 

 

そこでこのような脂肪が蓄積する隙間を作らないために
大腰筋を鍛える必要があるのです。
 

 

大腰筋は20代の頃は太さが5~6センチで断面積は30平方
センチ程度ですが60代になると太さが3~4センチで断面
積が20平方センチ程度になると言われています。
 

 

上記はあくまでも平均値ですが、それだけ「大腰筋は加
齢や運動不足により衰えやすい」と言うことがわかると
思います。
 

 
誤解を恐れずに言うと・・・・・

 

 
腰肉がついてしまう大きな原因は、この大腰筋の衰えで
すから・・・・・。この部分を効率的に鍛えることが、
腰肉を落とす近道ということになります。
 

 

大腰筋が衰えている人の特徴は姿勢が悪くて、お腹が
突き出ていることです。大腰筋の衰えによって、もは
や正しい姿勢が保てなくなっているからです。
 

 

そして正しい姿勢が保てないことで、なおさら大腰筋
の衰えが進んで、その結果として贅肉がついて、その
贅肉が腰まわりの肉になってしまうのです。
 

 
大腰筋

 

 
大腰筋は図で分かるように腰周りの筋肉の中でも
もっとも大きい筋肉と言えます。ここを鍛えるこ
とが骨盤の位置調整に関わっています。
 

 

骨盤の位置の調整が正しくなされ、内臓がすっきりと
体におさまると、ぽっこりお腹は治ってスタイルが、
格段によくなります。
 

 

要するに大腰筋を鍛えるために、運動をして筋肉量を
落とさないようにすると、姿勢が自然と正されて腰肉
が減り、スタイルを良くすることができるのです。
 

 
もっとも簡単な大腰筋の鍛え方は、階段を飛ばして
登ることです。大きく足を振ることで自然に大腰筋
が鍛えられるのです。
 

 
最初から2段飛ばしたりすると、失敗して怪我をする
恐れがありますので、まずは一段飛ばして階段を上が
ることをやってみると良いでしょう。
 

 
このような簡単な方法で大腰筋を鍛えることのメリッ
トは大きいです。その他に大股で歩くことも大腰筋を
鍛えることにつながりますので実践しましょう。

 - 腰肉を落とすコツ!大腰筋を鍛える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

関連記事はありませんでした

バイト探し求人サイト